性行為中に勃起力が足りないと気まずい雰囲気になりませんか?パートナーが頑張ってくれるかもしれませんが、個人の力には限界があります。勃起力の悩みを解決してくれるのがED治療薬です。ED治療薬は通販サイトで購入することで簡単に入手することができます。種類も豊富ですので確認していきましょう。

サンライズ・レメディーズ社製のジェビトラ

サンライズレメディーズ社のジェビトラは、男性の勃起不全を改善するED治療薬です。
ジェビトラの特徴としてED治療薬として最も人気が高いレビトラのジェネリック医薬品となっていることから、レビトラを購入するよりも費用を抑えることが出来るメリットが人気の理由となっています。

実際に医療機関でもED治療で処方されている医薬品なので、定期的に飲んでいるという方も多いです。
処方してもらう場合一度に出してもらえる薬の量が決められているので、まとめて購入しておきたい方は定期的に医療機関に行くのが面倒だと感じている方も少なくありません。
また医療機関に行くと、診察費や処方費、交通費などがかかってくるので少しでも費用を抑えて購入したいという場合は個人輸入サイトを活用することで、医療機関で処方される薬の費用よりもお得に手に入れることができます。
高い効果がある反面、ジェビトラには服用する上で注意しなくてはいけない副作用があります。
副作用には頭痛・ほてり・吐き気・消化不良・動機・鼻づまりを起こす方がおり、人によって症状の度合いは異なります。
そのため服用してみて体調の変化を感じた場合は医師や専門家に相談をすることが大切です。
服用方法は性行為の約30分前に、水またはぬるま湯で服用します。

ジュビトラの主成分であるパルデナフィルは、水に溶けやすい特徴があるので性行為をする直前でも服用することが可能です。
ジュビトラには20mgで10時間、40mgで12時間、60mgで16時間の効果が得られるので、一日の摂取限度を60mgに抑えて、次の服用までには24時間あけることが重要になります。
初めて使用する方は、いきなり60mgから飲んでしまうと副作用が強く出てしまう可能性があるので20mgから飲み始めることが重要です。
一般的に60mgは肥満体質の方やジュビトラを普段から使用しており薬剤に身体が慣れてしまった上級者向きとなります。

WHOによるGMPに基づいてED治療薬を製造

ジェビトラはED治療薬のレビトラのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社のサンライズレメディーズ社が販売しています。
日本国内で認可されたレビトラのジェネリック医薬品はないので、ジェピトラをED治療薬として服用している男性は日本国内に多いです。
人気があるのは価格が安いからで、レビトラは通常保険適用外の処方薬なので入手するにはクリニックを訪れ、全額負担で購入する必要があります。
1錠あたり1500円するのですが、ジェビトラなら個人輸入により1錠250円程度で購入することが可能です。

ジェビトラはバルデナフィルを成分としたレビトラのジェネリック医薬品で、製造販売するサンライズレメディーズ社は1995年に設立された製薬会社です。
この会社が販売するED治療薬や女性用医薬品は低価格で品質が高いことで高く評価されています。
世界中に多くの利用者がいて、世界保健機構のWHOによる医薬品等の製造品質管理基準のGMPに基づいて製品が作られているので信頼性の高い製薬会社として有名です。
会社を設立したのは1995年なのでまだ若い会社になりますが、WHOの定めるGMPに準拠した品質の高い医薬品の製造に取り組んでいることは評価できるでしょう。

ジェビトラは国内では未承認の薬なので、購入の際は海外からの取り寄せになります。
国内でジェビトラを仕入れるには個人輸入で入手するしか方法がありませんし危険因子の一つで、ED治療薬の需要は高いので悪い業者が偽物を販売する危険性が高いです。
海外からの購入は個人輸入代行業者を利用するのが一般的ですが、ED治療薬の個人輸入は偽造品が懸念されるので、正規ルートを持つ医療機関での処方がおススメです。
ジェビトラは勃起不全改善に効果的なED治療薬ですが、頭痛や目の充血、動機や鼻づまりなどの副作用が出ることがあるので、使用に当たっては医師の指導を仰ぐのが賢明です。